腎臓ケア対応ドッグフード

腎臓サポート用ドッグフード

元々腎臓はとても強い臓器で、通常に必要な能力の10倍くらいの能力があるとされています。

そのため、少し弱ったくらいでは人間でも症状が無く、気付いた時には相当弱っている事が多い臓器になります。

元気な状態でも年に一回は検査して予防・早期発見する事がなによりもの最善策です。

腎臓の疾患になってしまった場合は、食事だけでなくトッピングやおやつにも注意が必要です。

また国内の表示では分かりずらいですが、有害な化学合成添加物に注意してください。
無添加と表示している商品でも日本の法律では5%未満なら酸化防止剤や防腐剤が入っていても無添加と表示できます。

また、人間でも使用が許可されていますが発がんの可能性を指摘されている化学合成酸化防止剤のBHAやBHTもペット用には人間の300倍も使って良い事になっていますのでご注意ください。

ちなみに実店舗では以前より水素の取扱いをしていましたが、やっと通販できる水素を見つけました。水素は腎臓にも良いと色々とネット上に出ていますのでご興味がありましたら検索してみてください。
※疾患のある子に与える場合は、与える前に必ず獣医師の指示に従ってください。
【水素コーナー】【特集:水素って何が良いの?】

ジウィピークの獣医師は、一般的な腎不全に対しての考え方とは違いますので、猫の腎不全に対する考え方ですが宜しければ参考にしてください→【猫の食事と腎不全】
25

デイリーフォルツァ

ビゴー&セージ

ダ・ヴィンチ アンダロ

ニュートライプ

アートゥー

テラカニス

ブリスミックス

グランマルーシーズ

ワイルドキャット

ウルフブラッド

焼き魚

ベルカンド

フォルツァ10 シースナック

ムーラムーラ

ペットカインド・トライプキャット

ビィナチュラル・ルートシリーズ

レオナルド

SILI-K(シリー・ケイ)水溶性濃縮珪素