ジーランディア Zealandia

イヌ・ネコは古来、大自然で生き、狩りをして食べていた肉食動物です。

それに近い食事こそがより良い食事と考えます。
ジーランディアはニュージーランド産の動物の肉をふんだんに使用し作った缶詰タイプのウェットフードです。
中身はグリーントライプが32%、全ての肉類を含めると82%以上となっていて、肉食動物であるイヌ・ネコに合わせた総合栄養食です。
全年齢の栄養をカバーした「オールステージ」となっておりますので、幼犬・幼猫から老犬・老猫まで安心してお使いください。

犬や猫の大好物。グリーントライプが高配合

牛、羊、山羊、鹿などの反すう動物の第四胃を「トライプ」と言います。
野生の肉食動物が草食動物を捕食した際、最初に胃や腸を食べます。
内臓も栄養価も高く消化しやすいですがその内容物にも美味しい理由があります。
選り好みをするペットを含めて食いつきが良くなります。

それは草食動物が直物から作り出した栄養を効率よく摂取できるからです。
反すう動物の第4の胃は、胃の中で最後に消化物が通るため発酵が進み、動物にとってより効率よく吸収できるわけです。

食物を消化する過程では、反すう動物が食べた食物は噛まずに飲み込まれ、第一胃と第二胃に送られます。
胃の中の微生物により分解し口に戻ったり胃に戻ったりしながら噛み砕かれ、唾液と混ぜ合わせられます。
その食物は再び飲み込まれ、第二胃、第三胃を経て第四胃に送られさらに消化液や消化酵素によって消化されます。
そして第四胃から小腸に送られ、十分に消化された栄養を摂取することが出来ます。

トライプの中には、消化のために分泌されていた消化液、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、必須脂肪酸であるオメガ3やオメガなどが含まれています。
カルシウムとリンの比率が比率が1:1での理想的なバランスです。

○オメガ3たっぷりホキオイルを使用

○関節ケアに役立つ緑イ貝を配合

○タウリン配合により栄養をサポート

○安全なニュージーランド
世界で最も公害のない国ニュージーランでは、徹底したトレーサビリティーのもと、すべての家畜の健康状態や加工過程を管理しています。

2012年7月より個々の家畜に無線ICタグをつけて追跡する電子トレーサビリティ・システムも導入し、すべての畜産農場がオンラインで認識、農場間の家畜の移動を記録されます。
また、食肉の加工・出荷後でも、即時に出生地まで把握することができ、農場から食卓まで徹底した安全管理がなされています。
ニュージーランドの生産農家は、すべての家畜に対し「家畜飼育履歴申告書(ASD)」を提出することが法的に義務づけられています。
SDは、家畜の健康状態を確認するための申請書で、ニュージーランド第一次産業省(MPI)により管理されています。
第一次産業省(日本の農水省に値する)直轄の検査官と獣医が、全ての輸出向け屠殺処理場と加工工場に常駐し、処理の全局面を監督しています。

11

西日本を中心とした大雨の影響による荷受けの停止とお届けの遅延について
※ヤマト運輸サイトに移動します。

 

ダ・ヴィンチ アンダロ

テラカニス

ブリスミックス

グランマルーシーズ

ワイルドキャット

ウルフブラッド

焼き魚

アートゥー

ベルカンド

フォルツァ10 シースナック

ムーラムーラ

ペットカインド・トライプキャット

ビィナチュラル・ルートシリーズ

レオナルド

SILI-K(シリー・ケイ)水溶性濃縮珪素