特集 グリーントライプ(第4胃)とは



なちゅのごはんでは、食の安全性は勿論ですが「食べ物」で元気に健康に長生きできるように、飼い主が“美味しそうに見えるやいい匂いがする”ではなく、愛犬・愛猫の肉食動物として本来摂取してきた「できれば与えてほしい」お勧めアイテムの「グリーントライプ」をご紹介します。

以下、グリーントライプフードのパイオニア【トライペット】」からの引用です。

グリーントライプとは、シカやヒツジなどの4つの胃を持つ動物の4番目の胃袋の呼び名です。

本来、犬や猫は他の動物の内臓を食べる肉食動物の仲間です。
なので、犬や猫がこの匂いや味を好きだという事に疑いの余地はありません。
それは、欧米の多くのブリーダーの常識でもあります。
まず、このにおいを知って下さい。
特に犬や猫を愛する人は、このにおいに慣れて下さい。

人間にとっては「臭い(におい)」ですが、肉食動物の犬や猫にとっては本能的に強烈に食欲を掻きたてる特別な「匂い(におい)」なのです。

グリーントライプ(4番目の胃)では、唯一ここでは胃液が分泌され、消化が行われています。

なぜ胃を与えるの?
 もともと肉食動物は獲物(草食動物)の肉や内臓、骨などを食べますが、柔らかく食べやすいお腹の部分から食べ始めることが多いのは良く知られています。
 内臓のうち肝臓などは、様々な栄養素が蓄えられている栄養豊富な部位として、私たちも一般には認識しています。しかし、胃は粘膜と筋肉からできており良質なタンパク源ではありますが、特別栄養価値が高いという部位ではありません。
 では、なぜ胃を与えるべきなのでしょうか。
 胃には胃液や唾液、草食動物が食べた消化途中の穀類や草、微生物やその代謝産物など、多くの有益なものが詰まっているのです。まさにそれが、胃を与えるべき大きな理由なのです。

なぜ第4胃のグリーントライプがいいの?
 4つの胃を持つ反芻(はんすう)動物は、植物を食べる草食動物のため、私たちは植物の栄養を直接吸収して生きているのだと勘違いしがちですが、実際は反芻(はんすう)動物が食べた植物を利用してるのは胃の中にいる微生物であり、反芻(はんすう)動物自身は、胃の中で微生物が分解・発酵によって作り出した栄養素と微生物自体を栄養として取り込み生きているのです。鹿や羊、牛などが、いつも口をもごもごさせながら草を食(は)んでいる姿を見かける事がありますが、あの行為は、胃の中の微生物が食べた植物を利用しやすいように、繊維を砕き、唾液と混ぜ合わせている行為なのです。

 唾液と混ざり何度もすり潰された植物が、胃の中で微生物に利用され、それらが最終的に第4胃に送られます。

 グリーントライプと呼ばれるこの4番目の胃は、それらの微生物や微生物の分解・発酵によって十分に利用された植物が最後に送られてくる場所で、ここで消化液による消化が始めて行われます。つまりその場所は、小腸で取り込まれる直前の、もっとも吸収の良い栄養素が存在している場所ということです。

 すなわちグリーントライプは、胃の中の胃液なども与えるという点に大きな意味と価値があるのです。

そんなグリーントライプを使用したアイテムを揃えてみました。
各ブランドのトライプの使用量で匂いの強さが違います。

匂いの強い順にブランドを並べてみましたので、匂いに敏感な人は右の軽い商品から始めてみてください。
※ドライフードではジウィピークペットカインドがトライプを使用しています。

匂いが強い←→匂いが弱い※物によっては強い匂いもあります。
トライペットニュートライプジーランディアジウィピークペットカインド
116

デイリーフォルツァ

ビゴー&セージ

ダ・ヴィンチ アンダロ

ニュートライプ

アートゥー

テラカニス

ブリスミックス

グランマルーシーズ

ワイルドキャット

ウルフブラッド

焼き魚

ベルカンド

フォルツァ10 シースナック

ムーラムーラ

ペットカインド・トライプキャット

ビィナチュラル・ルートシリーズ

レオナルド

SILI-K(シリー・ケイ)水溶性濃縮珪素